税金を滞納した時の罰則

税金を滞納すると初期の罰則として、延滞金などがある。
国税の場合は期限後に納めた場合は、その遅れた期間に応じて年14・6%(納期限から2カ月以内は年7・3%)の延滞税がつく。
また、地方税だと期限後に納付した場合は、遅れた期間に応じて年14・6%の延滞金がつくが、納期限から1ヵ月以内は年7・3%となっている。

いずれにしても税金は早めに払っておこう。
税金の時効についても触れるが、後々自分の信用などにもつながるので、きちんと支払っておくに越したことはない。
ちょっときつくても頑張ろう。

大幅に滞納したりすることなく、きちんと義務である税金を支払い続けて来たという事実が自分自身の実績となり、例えば将来独立して事務所を構える時や、銀行などで借入をしたいという時に評価され、バターコーヒー 作り方 効果を知ることに役立ってくるのだから。