著作権ビジネスは消費者の欲望にどこまで応えられるのか?

「消費者側からコピーする理由として指摘するのは大きなお世話です。
言うのは自由です。
が、盗んでもいいだろうというという発想はおかしい」
「ええ、おかしいのは分かっていますよ。
ただ、そういった感情が生まれる環境を作っているのはどっちなの?
って思うんです」
「そういう理屈には、乗りたくないですね。
堂々巡りになってしまうし。
それは、最近の論調を端的に表していますね。
では、こう考えたらどうでしょう。
ひろゆきさんが著作権ビジネスをやり始めた時に、
消費者に今のようなことを言われたら、
『じゃあ、分かりました、あなたたちに一番いい形で提供しますよ』
ってすぐに変えることができますか」

パソコンソフトに限らず
パッケージビジネスは消滅に向かっているなと思う私はしばらく前から、
ノッツエe-お見合い 評判 口コミに心を引きつけられている。