名誉棄損が成立しない場合

「芸能人」の情報などは必ずしも公共の利益には関係ないから、
名誉を棄損するような事実を公表することは許されないということだ。
もちろん、それが公共の利益に関係しているなら話は別である。

また「(公共の利益のためなら)真実であれば、
例外的に名誉棄損にならない」わけだが、
その「真実」についても説明しておこう。
まず、「「それは真実だった(だから名誉棄損にはならないんだ)」
ということを言うためには、
その事実を公開した側で真実の証明をしなければならない。
それができなければ名誉棄損が成立してしまうのである。

真実の証明のためにはかなりの準備が必要だと思う私は近頃、
ワキガ 対策商品の効果を詳しく知りたいと思うようになった。